笑うしかない!ジャパどいちゅ

ドイツ人と国際結婚 ドイツ生活 4コマ漫画ブログ

【笑うしかない!ドイツ生活マンガブログ】

【ドイツ菓子】レープクーヘン食べ比べレポート発表

f:id:japadeutsch:20171007185718p:plain南ドイツはシュトゥットガルトに住む、野生のチワワことミヒャオかーちゃんから、日本にいる私の元へドイツ菓子【Lebkuchenレープクーヘン】がたくさん届いたのだ。

f:id:japadeutsch:20180121185630j:plain

ことの発端は、私が

「レープクーヘンが好きなんだけれども、もう何年も食べれてないなぁ。」

とミヒャオかーちゃんへのメールに書いたことから、世話好きな彼女の心に火がついてしまい、レープクーヘンぐらい好きなだけ食べさせたるオラオラ〜ンとなったのです。

3種類のレープクーヘン食べ比べ!

高級ブランドからスーパーのブランドまで、計5種類のレープクーヘンをいただきましたが、そのうちの見た目が美しい3種類を食べ比べレポ!

Lebkuchen-Schmidt社の美しい缶入りレープクーヘン

ニュルンベルクに本店のある、知る人ぞ知るレープクーヘンの有名ブランドLebkuchen-Schmidtの美しい缶入りレープクーヘン。

↓缶上部にはニュルンベルクの街並みが描かれていて、これだけでドイツの空気が漂ってきそうです。

f:id:japadeutsch:20180122223007j:plain

↓側面にも街並みが。描かれているのは工場のような・・・
もしかして、このブランドの初期の頃のレープクーヘン工場?
f:id:japadeutsch:20180122223044j:plain
そうだったらなんともロマン溢れる情景ですが、ウェブサイトにも詳細が書かれていないため、この建物がなんなのか不明。けれど色々と想像するのが楽しいのです。
装飾のエンボスも綺麗なので、食べ終わっても缶はとっておきたい。

↓中身はかなり大きめなシュガーとチョコレートの2種類のレープクーヘン。どっしり食べがいがありそうです!

f:id:japadeutsch:20180122223207j:plain

↓いただきます!
レ、レッカー!(ウマー!)
f:id:japadeutsch:20180122223304j:plain
食べた瞬間、スパイスとナッツがぶわぁぁーッと口いっぱいに広がり、缶の絵のようにどこか懐かしい気分になりました。しっとりとした食感で噛めば噛むほどじんわり広がるオレンジピールの風味。

あぁ・・・目の前にドイツのクリスマスマーケットが広がる・・・。

これ1つでかなりお腹がいっぱいになります。もう1枚チョコがけのほうもいきたかったのですが・・・・

1つ約200カロリー。ご飯一杯分。

うん、アカンやつや。1日1枚で我慢!

エリーゼンレープクーヘンとは?

ちなみに、レープクーヘンの品質は法律によって守られているらしく(あ、すごいドイツっぽい)ナッツ25%以上かつ法律で定められている素材のみを使ったものに高品質の証「エリーゼレープクーヘン」の称号が与えられるらしいです。レープクーヘン界の貴族ですね。

残念ながら上のレープクーヘンにはエリーゼンの称号はついていませんでした・・・。

同じくLebkuchen-Schmidt社の流れ星レープクーヘン

こちらは缶入りではありませんが、パッケージ側面の絵がとても可愛い。このような初期中世の絵柄が美術史好きの心をくすぐって仕方ない。

農民が見上げる星の正体は・・・

f:id:japadeutsch:20180123195609j:plain


流れ星レープクーヘンでした。
(仕事デスクの上で撮影したので、皿でなく方眼紙の上でスミマセン・・・)
f:id:japadeutsch:20180123195628j:plain
こちらのレープクーヘンは蜂蜜の配合量が少ないのでしょうか、上のレープクーヘンと比べるとしっとり感が低めで、よりソフトクッキーぽい食感です。人によってはパサパサと感じるかも。チョコレートがけのほうは中にジャムが入っておりました。
同じレープクーヘンでも、ここまで食感が違うのかと驚き。

うーん、残念ながらきみたちはエリーゼンではないね・・・。

Haeberlein-Metzger社のティン缶入りレープクーヘン

こちらも有名なレープクーヘンをはじめとするドイツ菓子ブランドです。

↓ティン缶の上部はニュルンベルクの街並みが。

f:id:japadeutsch:20180122223345j:plain

ニュルンベルク城が描かれています。写真ではわかりにくいですが、この小さな缶に描かれている装飾に沿った、繊細なエンボス加工がとても綺麗。このティン缶目的で購入したくなるほど。

f:id:japadeutsch:20180122223519j:plain

 ↓側面はこんな感じ。王室御用達の文字が。
王様も好んで食べていたのかな・・・中世ロマン溢れるな・・・。

f:id:japadeutsch:20180122223423j:plain

↓ティン缶の中からは、小さな小さな手乗りレープクーヘンがでてきました!ミニチュアみたい。お味の方は・・・
f:id:japadeutsch:20180122223650j:plain

レッカァァ!(ウマァァ!)

小さいのでふた口で食べ終わるのですが、これが一番美味しかった!しっとりの中に濃厚に香るジンジャーをはじめとする香辛料とナッツの歯ごたえ!しかもほかのものよりナッツの配合量が多め。これはもういくつでも食べれる。砂糖なしの紅茶と本当によく合って、ドイツのミヒャオかーちゃんちでのティータイムを思い出し、しばし感傷に浸る。

いい、太ってもいい。

こんなにしっとりナッツもぎっしりなら、これこそエリーゼンレープクーヘンだろう!と自信満々でパッケージを確認しましたが、どこにもエリーゼンの称号はありませんでした・・・。

レープクーヘン食べ比べ終了

レープクーヘン食べ比べによって、いくら体重が増えたか考えるのは野暮ってもんです。吹き出物はできちゃいましたけれどね・・・。

どれも目に楽しく美味しいレープクーヘンたちでしたが、エリーゼンの称号をもつものには出会えませんでした。

いつか会える日を夢見て・・・。そしてミヒャオかーちゃんだんけしぇーん。

---------------
ランキング参加中です。クリックしていただけるとモチベ急上昇!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ