笑うしかない!ジャパどいちゅ

ドイツ人と国際結婚 ドイツ生活 4コマ漫画ブログ

【笑うしかない!ドイツ生活マンガブログ】

【マンガ】難易度高い!ドイツで白米を買うヒント

f:id:japadeutsch:20180211110735p:plain旦那の米研ぎは長い。
やたら丁寧にショキショキショキショキ長々と響き渡る研ぎ音。

f:id:japadeutsch:20181016064344j:plain
そんなに好きならどうぞどうぞ!というわけで、我が家ではもっぱらミヒャオが米炊き係です(しかも炊き加減最高)。

そして彼のニックネームは「あずきあらい」

ドイツで米を買う

デュッセルドルフで白米

欧州最大の日系都市デュッセルドルフで暮らしているため、ありがたいことに10キロの米も日系や韓国系スーパーで難なく入手できる。

大容量の日本米が簡単に入手できるという点は、日本人にとってデュッセルドルフに住む際の最大のメリットの1つではないでしょうか。

↓これが今我が家で食べている秋田県あきたこまち10キロ米。
ドイツであきたこまちが食べれるなんて本当に贅沢な事です、ありがたいありがたい。韓国系スーパー「HANARO」でいつも購入しています。

f:id:japadeutsch:20181016085148j:plain

ベルリンで白米

ではデュッセルドルフ以外の都市での米の入手状況はどうなのでしょう。

ベルリンとシュトゥットガルトでしか米を購入した経験がないのでなんとも言えないが、この2つの都市に限って言えばベルリンには中華・東南アジア系のアジアスーパーしかなく10キロはおろか日本米は入手できなかった。

なのでいつもドイツのオシャレなオーガニックスーパー[BIO COMPANY]で500グラムの「スシライス」と書かれたパックを頻繁に買っていたが、オーガニックスーパーで買っていたものだから高くついてしまっていた。
↓スシライス。

f:id:japadeutsch:20181016091042j:plain
私の主食は高いのにドイツ人の主食のジャガイモは激安でまったくもってフェアじゃない!という私の叫びは、イモの国では一瞬でかき消されていった。

シュトゥットガルトで白米

シュトゥットガルトはどうかと言えば、ここには当時小さな小さな個人経営の日本食品店がひとつだけありましたが、値段が高かったためここで買うのは辞めてドイツのローカルスーパーで探してみることにしました。

↓あった、スシライス。あったはいいが「アジアの心」という余計不安にさせるような日本語が書かれている・・・。
f:id:japadeutsch:20181016092433j:plain
このメーカー、ドイツ人向けにアジア食品を展開しているのだけれど、ほかの製品には「アジアの心」ではなく「アジアの心臓」と書かれていたりしてかなり怪しさ満点なのです。

あぁきっとHeart of Asiaをそのままネット翻訳にぶっこんで出てきた日本語をそのまま採用したんだろうな。ファッションブランド「極度乾燥(しなさい)みたいな・・・。

まとめ

ドイツで日本米を手に入れるのは難易度高めですが、産地がイタリアだったり長粒米いわゆるタイ米やリゾット用の米、スシ用の米は比較的簡単に手に入ります。

アジア系スーパーが近場にない場合、ドイツのオーガニックスーパーのライスコーナーに行けば絶対に売っていると思います。

やっぱり我々にとって米はなくてはならないもの、どうぞドイツで健全な白米ライフを!

---------------
クリックよろしくお願いします!   

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ 

f:id:japadeutsch:20180413211220p:plainFollow Me!