笑うしかない!ジャパどいちゅ

ドイツ人と国際結婚 ドイツ生活 4コマ漫画ブログ

【笑うしかない!国際結婚ドイツ生活マンガブログ】

【国際結婚マンガ】危険、ドイツ人夫が日本食と心中しそう

f:id:japadeutsch:20180211110735p:plainこのブログでは言わずもがな我が夫ミヒャオは日本食大好き。スキあらば日本食を食べたがる困ったドイツ人である。
そんなミヒャオに魔の手が忍び寄っているとは・・・

f:id:japadeutsch:20180323133303j:plain

ミヒャオショーック!
どうやら我ら日本人は欧米人と違い、脈々と受け継がれるDNAレベルで塩分に対する耐性があるらしい。

日本人は塩分過多なのか

世界保健機関WHOの推奨する食塩の1日の摂取量は成人1日5g未満。一方で日本人の1日平均摂取量は女性で9.4g、男性で11.1gとなっており塩分過多気なんだそう。

確かに古来より日本食にはたくさん食塩が使われています。塩鮭、味噌汁、煮物・・・メイン調味料の醤油が塩分たっぷりなので仕方ない。

というわけで日本の厚生労働省ガイドラインはWHOの推奨する食塩量より多く、男性8g、女性7gを推奨しています。

塩気のない日本食なんて不可能ですからね、WHOの推奨量に適合するのは無理です。

ドイツ人は塩分過多なのか

f:id:japadeutsch:20180323141719j:plain
Free Images - Pixabay

そもそもドイツ料理はどうなのか。じつはドイツ料理を食べた人の感想で多いのが「しょっぱい」

そうなのです、ドイツ料理が塩分控えめで健康的なのかと言ったらそれはノー。味付けが国民性を反映しているかのごとく力強く極端なものが多い!

ソーセージもハムも基本しょっぱいプレッツェルの表面にまぶしてある岩塩もたっぷりでめっちゃしょっぱい、調味料が基本「塩コショウ」なので日本食に負けず劣らず塩分たっぷり。
(↓ミュンヘンで食べたプレッツェル

f:id:japadeutsch:20180323142521j:plain

ドイツ風とんかつ「Schnitzel シュニッツェル」をミヒャオかーちゃんが作った時に、じゃんじゃか塩とコショウを豚肉にまぶす光景に戦慄し思わずストーップ!と止めに入ったのは良き思い出。

そしてなによりドイツ料理は一皿の量が多い!(今まで完食できたためしがない)これじゃあ日本食より絶対に塩分が多いぞ。

結論として

なんだ、ドイツ料理も塩分過多気味ではないか。日本食が特別悪いというわけでもなさそうだしミヒャオに日本食完全禁止を強いるのもかわいそうだ。というわけで、減塩を気にする食生活を心がけます。

---------------
ランキング参加中です。クリックでモチベ急上昇!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ